制作の種類

オリジナルTシャツやポロシャツの制作には、デザインや料金を重点的に考えるのが普通かもしれませんが、知識として制作方法も知っておくことで、オリジナルアイテムに対しての考え方、見方が変わってきます。
こちらでは、参考までに制作方法の種類についてご紹介いたします。

シルクスクリーン

一般的な制作方法で、布地にプリントします。
詳細については、別ページにて紹介していますのでご覧ください。洗濯にも強く、肌触りもソフトで、濃い色の生地にインクが使える事も特徴となっています。色々な素材に使え、使うインクにも幅があります。

昇華

生地にマークや文字などを特殊なインクを気化させる制作方法です。圧力によるプリントですと、生地に文字やマークをのせているイメージだとすると、昇華は貼りつけたような感じではなく、一体化した仕上がりになります。
特殊インクに熱と圧力を加える方法なので、環境にも優しく、通気性の心配もありません。

熱転写

昇華もこの熱転写の分類に含まれます。プリントしたい生地に転写用プレス機で直接の熱を加える制作方法です。
アイロン転写とは違い、貼りつけた糊の感じが少ないだけでなく、色の再現性や耐久性にも優れていることが特徴です。また、1枚制作の場合でも予算を抑えることもできます。

インクジェット

パソコンで制作されたデザインを生地に直接プリントする制作方法です。この手法により、ご自宅でもオリジナルTシャツの制作が可能ですが、洗濯に強いわけでなく、発色にも難があります。しかしながら、趣味として個人で楽しむ分には十分で、大量生産をお考えで白生地に多くの色をプリントしたい場合などには版代もかからないので最適です。

制作方法にはこのような種類があります。オーダーによるオリジナルTシャツ作成や好みのデザインをTシャツやスタッフジャンパー、ポロシャツなどにプリントする喜びを感じてみてください。

PAGETOP