オリジナルTシャツの歴史

Tシャツが誕生したのは、1920年頃といわれています。
アンダーウェアとして誕生し、1930~1940年代にかけて米国陸軍の公式下着として採用されていました。
重労働をする上で適した服は、軽いだけなく、薄くて洗いやすいことから、海軍の間でも愛用されており、Tシャツの歴史の基は軍から始まったことが伺えます。
そこから形を変えて、プリントなどによるオリジナルTシャツが作成されるようになりました。
米国大学のスポーツ授業で運動着(ユニフォーム)として貸し出していたTシャツに、番号をプリントしたのが始まりといわれています。

影響力の強さ

1950年代には下着としてのTシャツだけでなく、ファッションとしてのTシャツとして注目を集めるようになりました。
ハリウッドスターが映画の中で着ているTシャツは、アンダーウェアからアウターへとTシャツが変化する大きなきっかけともなりました。
世に大きな影響力をもたらす方々により、無地が常識として考えられていたTシャツは、かわいいものやかっこいいもの、おもしろいなど、デザインを楽しめるものへと変わっていきました。

団結力が高まる

クラスメイトだけが着ることができるTシャツ。これだけでも特別感があります。
それに加えて、個性や価値観の異なった一人一人が同じTシャツを着ることによって、一つの目標に向かって取り組む姿勢が変わってきます。
それが、団結力を高める事となり、クラスにとってプラスに作用しやすくなります。
一人で目標を追うよりも、クラス全員で同じ目標を追う方がモチベーションも上がり頑張れます。
このようなところもおすすめポイントでクラスTシャツのメリットを感じられます。

プリント技術の進歩

加工技術の発達と普及によって、あらゆるメッセージをTシャツ一枚に込められるようになりました。
Tシャツは表現のキャンバスとして最適な役割を果たしています。
1960年代には染料や印刷に転写などの技術が多用されるようになり、一気に庶民の間でTシャツは身近な存在へとかけあがりました。
プリント加工技術は世界に多く広まり、今ではオリジナルTシャツを作成してくれるお店は数多くあります。
激安な値段で手に入れることができるのも人気の理由の一つです。

新規のお客様割引や早割などのお得なキャンペーンもございます。
オリジナルTシャツの作成ならぜひ当店をご利用ください。

PAGETOP